歯の再石灰化を促進させるガムについて

リカルデント、キシリトールガム、ポスカムは歯の再石灰化を促すガムです。

この3つは特定保健用食品として消費者庁にみとめられています。

特定保健用食品は、健康の維持や増進に役に立つことを表示してもいい食品です。


リカルデントはCPP-ACPという成分が含まれています。

そこに含まれているカルシウムとリン酸が唾液と一緒に再石灰化を促し、

CPP-ACPという成分は他に脱灰抑制の効果があり、虫歯ができるのを抑えてくれます。


それともう一つ耐酸性効果もあり酸にも溶けにくい歯を作るという効果があります。

キシリトールガムはキシリトールにフクロノリ抽出物(フノラン)とリン酸ー水素カリウムをプラスすると、再石灰化を強く促します。

唾液の少ない人にはキシリトールがよいようです。

ポスカムにはPOs-Ca(リン酸化オリゴ糖カルシウム)と言うものが入っています

このPOs-Caは日米欧7ヵ国で特許を取得しているそうです。

POs-Caは、学会誌や国際的な学会で発表されているなど、とても評価されてます。

POs-Caは、人工の虫歯で再石灰化に影響がでるか調べる実験で、初期の虫歯に対しての再石灰化を促す作用があることがわかりました。
このようにガムでも初期の虫歯であれば再石灰化で治すことが出来ます。

普段から噛んでいるといいかもしれないですね。
でも初期の虫歯しか再石灰化で治すことができないので、虫歯になってしまった場合は
早めに歯医者にいって治してくださいね。

虫歯はほっておくと後で歯医者に行かないといけない回数が増えてしまいますからね。

本当なら医師が多いのでしっかりと患者を診察してくれそうなイメージがありますが、意に反してそういう歯科医院は流れ作業みたいに患者に治療を施す場所が存在すると聞いています。
甘いお菓子を摂取しすぎたり、毎日の歯のブラッシングを手抜きすると、歯周病の源である菌が増加してしまい、プラークが蔓延し、その結果歯肉炎が出現してしまうと考えられています。
たとえ成人になったとしても永久歯はむし歯になってしまいますが、乳歯はその構造上永久歯に比べ酸への耐性が劣るため、毎日のブラッシングを適当にすると、乳歯に生じたむし歯は容赦なく重症になります。
永久歯は普通生えてくるのは32本のはずですが、状況によっては、永久歯の出揃う時期が来ても、あるエリアの永久歯が、一向に生えてくる気配のないこともあってしまうのです。
プラークが蓄積しないうちに、歯石の予防を毎日行う事が大変肝心なポイントです。歯垢の溜まりやすい場所は確実に歯磨きすることが一層大切です。


仕事内容に関わらず全ての労働者にも言えますが、歯科に勤務する衛生士のように医療関係の現場に従事している人は殊に勤務中の身嗜みに注意を払わなければいけないと言われています。
歯周病やむし歯が痛み出してから歯のクリニックに行くケースがほとんどだと思いますが、病気予防の処置をしに歯医者に出かけるのが本当は望ましい事です。
診療用の機材などのハード面において、現代社会から求められる歯科医による定期的な訪問診療のニーズに応えることが出来る基準には到達しているという事が言えそうです。
病気や仕事などで疲労が蓄積して体力が著しく衰えたり、栄養のバランスが不均衡な食事が続くことによって健康ではない具合になった頃に口内炎が発症しやすくなってしまうのです。
歯を末永く持続するにはPMTCは大変大事であり、この方法が歯の治療後の状況を長い間温存できるかどうかに強い影響を与えることも分かっています。


ドライマウスの患者の多くが感じる不調は、口内が乾燥する、ノドが渇くというのが一般的です。悪化したケースでは痛み等の不愉快な症状が出てしまうこともあるとされています。
診療機材などハード面は、現時点の高齢化社会から望まれている歯科による訪問診療の責任を果たす事ができる段階に到達しているということが言えるということです。
まず始めは、ハミガキ粉無しでじっくり歯ブラシでのブラッシング方法をできるようになってから、最後の仕上げの時に少量の歯磨き剤を利用するときれいに歯をブラッシングできるようになるでしょう。
深くなった歯周ポケットという歯と歯ぐきの隙間には汚い歯垢がたまってしまいやすく、そこで固着してしまった際は、毎日の歯みがきのみ実施してみても完全に取り除くのは不可能です。
歯の表面であるエナメル質にくっついてしまった歯石や歯垢などを取る処置を一般的にデンタルクリーニングと呼びますが、それらの歯石や歯垢などは不愉快な虫歯の誘発事項とされています。

端正で美しい歯列を望んでいるなら、上手く美容歯科医院を活用することをおすすめします。信頼のおける美容歯科では、総合的なに施術を約束してくれる良きパートナーです。
歯を白くするホワイトニングを受けない場合であっても、歯にできている亀裂を無視し続けると、象牙質が傷つき、環境の冷たい外気や冷たい食物が当たると痛む事があるといわれています。
仮歯が入ったならば、容姿も違和感がなくて、会話や食事などにも悩みません。そして仮歯により、治療を受けている歯が壊れてしまったり、歯列が変化したりすることはないのです。
歯垢の事をあなたはどの程度把握していますか?テレビやCMで四六時中聞かれる言葉なので、今まで耳にしたことがない言葉、そういう事はまずないのではないかと想像しています。
人間が生まれ持った噛みあわせは、しっかりと咀嚼する事で歯が摩耗して、それぞれの顎や顎骨の作りにちょうど良い、特有の歯の噛みあわせが作られます。

インフォームド・コンセントの実施は、病気の進行具合を間違いなく知り、それに向けた治療行為に、自ら対処するようにしましょうという思想に基づいています。
日頃の歯の手入れをちゃんと行えば、この3DSが効いてむし歯の原因菌の除去状態が、大方、4~6ヶ月位持続できるようです。
とある研究によると、顎の関節に違和感を感じるという自覚症状に気づかない人でも、30~40%の人が口を開けたり閉じたりする時に、これと一緒の奇怪な音が聞こえることを感じたようです。
カリソルブとは何かと言うと、分かりやすく言うと「科学によって虫歯になっている部分だけを溶かして治すお薬」です。その時、健全な所の歯には全然被害のない便利な薬です。
人間の歯の外面を覆っている生体で最も硬いエナメル質の真下の部分から、口内環境の指針である酸性の度合いがペーハー(PH)の数値が5.5から5.7より小さくなると、歯を形作るリンやカルシウムが溶け出します。

在宅医療で歯科衛生士が要されるのは、最初に口内を洗浄して清潔にすることです。患者の口のなかが汚れていると、菌が繁殖しているカスをそのまま飲み下すことになりかねません。
成人になったとしても永久歯はむし歯にかかってしまいますが、乳歯は性質上、永久歯に比べると酸への耐性が弱いので、歯磨きをなまけると、むし歯はあっけなく大きくなります。
いま現在、ムシ歯に悩んでいる人、それともまた予て虫歯に悩んでいた人、実に日本人の9割もの人がこのような虫歯を誘発する菌を、疑いなく保有しているとされています。
普及している入れ歯の難点をインプラントを取り付けた入れ歯が補います。ピタッとフィットし、お手入れの簡単な磁気の力を利用した物も存在します。
デンタルクリーニングは、歯周病を招く菌の蔓延を拒む確かなケアであると、科学で証明され、感覚的に快いというだけではないという事です。